Computer コンテンツ

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

システムメニュー

その他のコンテンツ

検索

Trend Virus Info
SSL: certificate subject name 'a248.e.akamai.net' does not match target host name 'housecall.trendmicro.com'

白血病の特効薬を作ろう!

 

  1. はじめに 
  2.  皆さんは白血病という病気についてご存知でしょうか?そう、いわゆる血液のガンとされている病気です。
    この病気についてあまり知識がない人でも、とても恐ろしい病気だという事は、
    TVで見たり人から聞いたりして知ってると思います。

     この白血病という病気について詳しく知りたい人はここに詳しい説明がありますのでそちらを参照してください。

     実は、この白血病を治す特効薬は現在は研究の段階で開発はされていないのです。
    白血病の特効薬を作るのには、白血球を促進するたんぱく質を特定しなければならないのですが、
    この解析に今のままでは2,400万時間(約2700年)掛かるらしいです。

     そこで世界中のPCの余った能力を生かして解析の手伝いができるプログラムUD Agent
    アメリカのユナイテッドデバイスという白血病解折プロジェクトチームが開発しました。
     このプログラムを使えば、PC(Windows)とインターネットに接続する環境が あれば誰でも参加協力する事ができます。
     今すぐ特効薬を開発という訳にはいきませんが、あなたの協力がもしかして将来の人の為になるかもしれません。
    そう考えると、やってみたくなりませんか??


     

  3. 参加の仕方
  4. 機UD Agentというプログラムをダウンロードします。こちらをクリック (Win95用のはどうやら無くなった??)

    供ゥ瀬Ε鵐蹇璽匹靴燭薀ぅ鵐好函璽襪靴泙后1儻譴个りですがEnterキーを押してれば終わります。

    掘ゥぅ鵐好函璽襪終わるとユーザー登録するウィンドウが出てきます。
       [Menber Name]に名前(英数半角)
       [Password]と[Re-Type to veryfy password]にはパスワード(英数半角)
       これはパスワードとパスワードの確認ですので同じパスワードを入力してください。
       [Give this agent a name]にはPCの名前(Menber Nameと同じでも可です。)
       [E-mail adress]には自分のメールアドレスを記入したら最後に[Login]ボタンを押せば登録完了です。
     

     

  5. 使い方
     PCを起動すると、自動的にUD Agentは起動します。
    タスクトレイ(画面右下)に青いボタンみたいなアイコンが出るはずです。
     特に何か操作をするわけでもなく、PCの電源をつけていれば駐留して勝手に解析します。
    自動的に、PCの作業の重さに応じて解析するスピードを変化させるので、
    特にUD Agentを入れたからPCが重くなるとかいうことはないと思います。
     つまり何もしないでほったらかしておくと、たくさん解析してくれるって事になります。
    当然、他にいくつかプログラムを起動させると解析の速度は落ちますが(w
     あくまで余剰パワーで動かしているだということをお忘れ無く(汗
    これのために電源入れっぱなしというのもねぇ。いや、別に貢献しまくりたい人は良いんだけどさ…
     PCの電源を切るときは、snoozeボタン(月の絵のボタン)を押して、
    タスクバー右のUDアイコンを右クリックして EXIT してください。


     
  6. チームに参加しませんか??
     この白血病解析にはチーム(複数のグループ)で解析を競う事ができます。
    Team musica!というチームを作りました。こちらでチームに加入する事ができます。
    まず[JOIN THIS TEAM]のボタンを押します。
     次に現れるページのフォームに登録した[メンバー名]と[パスワード]を入れて[LOGIN]ボタンを押せば
    チームに加入する事ができます。
     チームに入るのは必ずUD Agentをダウンロードしていて、ユーザー登録してるのが前提になりますのでご注意を!

 

さあLet's Try!!


Powered by XOOPS 2.0 © 2001-2003 The XOOPS Project