Computer コンテンツ

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

システムメニュー

その他のコンテンツ

検索

Trend Virus Info
failed to open /home/horn/public_html/php/modules/agnitioVirusInfo/cache/virusinfo.tmp


5.回線速度UPには?(1)

 

さて、おそらくこのページを読んでいただけた方にはここが一番興味があるのではないでしょうか??
そう、同じつなぎ放題だって速いほうが良いに決まってますよね。
回線速度を上げる方法はいくつもあります。
いろいろなものを試してみてもよし、原因をじっくり突き詰めてからやるもよし
ただ、すべて自己責任でお願いしますね♪

1.まずは”速度”について

これから話をする”速度”には、三つの値があることを理解してください。
速度には回線理論値、リンク速度、スループットの3種類があります。回線理論値とは読んで字のごとく、最も速い時の速度です。つまり契約のスピードになります。ADSLはベスト・エフォート方式ですから、この回線理論値よりも値が低いのです。(まずこの通りの速度は出ません)
つぎにリンク速度ですが、これはモデムとNTTとの間での回線速度です。”1.ADSLとは?”で書いた周波数帯域を全部使うことができるとモデムが判断した場合、最速でリンクが確立されます。
スループットは実際に通信する速度のことです。測定サイトなどで表示される速度は、このスループットの値になります。

関係式で表すと、一般的には
ベスト・エフォート ≧ リンク > スループット
となります。

ここでUPしようとしている”速度”はリンク速度とスループットです。もちろんスループットだけ速くするとか、リンク速度が上がったからスループットも速くなると言うものではないのでご注意を。

 

2.本格的に回線をいじる前にできること

いろいろ回線の速度をUPさせるためにできることはあるのですが、大がかりなことをやる前に小さなことを一つ一つ確認しましょう。結構これだけで解決することも多いのです。

  • ADSLの開通直後は速度が安定して出ないこともあります
    こういう場合には、少し時間をおいてみてください(1週間くらい)。うちの場合もはじめは50%も出ませんでした。
     

  • モデムの電源を切ってみる
    私にはよくこの理論が分からないのですが、これで改善されるケースもあるようです。
    モデムにはスイッチはないので、コンセントから抜いて数十秒放置してまた差し込んでみてください。
    何度もやる必要はないはずですが。
     

  • スプリッタの接続を間違えていない? 宅内の電話器状況も考慮してください
    結構あるケースみたいです。スプリッタには音声で使用する周波数信号と、データで使用する周波数を分離する役目があります。もし、電話とモデムをひっくり返してつけたらどうなるでしょうか?そう、なーんも信号が来ないので駄目なのです。
    それと、電話機が複数台ある場合にはすべてスプリッタの下流に取り付けなければなりません。他の部屋にモジュラージャックがあって、そこに電話機などが直接つながっている場合、必ずスプリッタを用意して通してください。とりあえず、こういう回線をはずして速度を測ってみてください。
     

  • 中継器をはずす
    家庭内で複数台PCを使う場合にはHUBを使うのが普通です。しかし、最近は”ADSL対応”を謳っているものがほとんどですが、よく見ると価格はまちまちです。安価なものはやはり”それなり”にしか動きません。これがボトルネックになっていることもしばしばあります。もちろんルーターも例外ではありません。ルーターの方がHUBに比べて影響は出やすいと言われています。よって、一度PCとモデムを直結してみてください。これで回線速度が出るようであれば、問題はそこにあることが分かるはずです。ただルーターの場合、はずすとセキュリティーホールになる可能性もありますのでそこは注意してください。
     

  • ドアホン(インターホン)やセコム、ガスメータ等を使用(共用)してませんか?
    これらの信号のやりとりに電話線を使っている(共用)ことがあります。これが原因で速度が落ちたり、切断されたりします。うちもガスメータに使用していました。そういった装置の電源線があるなら、一時的に抜いてみても良いでしょう。ただ、すぐに元に戻してください。じゃないと担当の人が駆けつけてきたりするそうです。(いや、私はそんなことはしてませんよ(w )
    ただ、これらは外観から判りにくく、多少知識が必要かもしれません。電話線は壁内部や天井裏を通っていたりするので、一見ではどのようになっているのか不明だからです。自宅がどうなっているのかは、マンションやビルなら管理人、戸建なら建設業者の 「電設担当」 さんに聞くと分かると思います。
    ドアホンやインターホンについては,”電話の受話器”を使って応対をするタイプは、怪しいと考えて良いと思います。また、ガスについては、最近は”マイコン・ガスメータ”と呼ばれる型で外見から回線を利用しているのか判定できませんが、同メータから不審(笑)なコードが出ているようなら、怪しんで、それがプラスチック箱に接がっているようなら,相当怪しんでください(笑
    ガスに関しては最近はADSLに対応すべく、無線でやりとりをすることもできるそうなので、一度ガス会社に電話してみてはいかがでしょうか?もちろんうちの回線はその処置は執ってありますよ♪
     

さていかがでしょう??ここまでだけでも、もしかしたら速度が上がっているかもしれません。もし変わらなくてもまだあきらめるのは早いです。次節からは本格的にいじっていって見ましょう。


 


Powered by XOOPS 2.0 © 2001-2003 The XOOPS Project